HOME | Research【生物活性物質化学研究室】

研究分野

天然物化学、生物有機化学

研究内容

生物活性を有する天然有機化合物の探索、合成、生合成、機能解明研究

研究題目

生物活性物質化学研究室では、自然界に存在する有機化合物について研究しています。これまでに様々な天然有機化合物が探索、発見されてきました。その中から医薬品や香料を始めとした、様々な分野で今でも頻繁に用いられている有用物質が開発されています。また、興味深い生命現象を引き起こす生物活性物質も数多く報告され、さらに、まだ発見されていない有用天然有機化合物も残されていると考えられます。そういった生物活性を有する有用天然有機化合物を探索・発見し、また、化学合成や分子生物学的手法を用いて供給を目指します。さらに、生合成経路の解明や、活性発現の機能解明研究を展開しています。

   

研究紹介

翻訳後修飾によりトリプトファン残基が
イソプレニル化されたペプチドに関する研究


 
タンパク質やペプチドは、DNAからRNAへの転写、DNAからタンパク質やペプチドへの翻訳を経由して生合成されますが、それだけでは不十分で、多くは翻訳後修飾と呼ばれる化学修飾を受けて初めてその機能を発現します。私達はこれまでにトリプトファン残基のイソプレニル化という新しい修飾様式をペプチドフェロモンから発見しました。そこで、その生物活性の詳細や、活性発現のメカニズムを研究しています。また、同様の修飾を受けた新たな修飾ペプチドやタンパク質の探索を通じて、普遍性の解明研究を展開しています。

四級および三級不斉炭素分枝鎖の立体選択的構築法の開発・・・分子を自在に作る


 
天然有機化合物の多くは、右手と左手のように同じ形をしていても重なり合わない光学活性と呼ばれる物質として存在しています。それらが出来る理由は、四級および三級不斉炭素と呼ばれる部分によるものです。そのため、これら不斉炭素の構築法は重要な研究課題となっています。この不斉炭素をコントロールして自在に構築できれば、複雑な化合物をもっと簡単に合成できるようになります。私達は、不斉炭素を最低限の1つ、あるいは2つしか持たないような単純な有機化合物を基本ブロックとして用いることで、様々な分子を自在につくる方法を開発する研究に取り組んでいます。