第50回酸化反応討論会

2017年11月11日(土)・12日(日)@ 神奈川大学横浜キャンパス
開催概要   会期会場   招待講演   発表・参加申し込み  プログラム   実行委員会  リンク
50周年記念プレシンポジウム
  ~CREST・さきがけ「革新的触媒」メタン資源利用に向けて~

開催概要
  • 会期   2017年11月11日(土)~ 12日(日)
  • 講演会場   神奈川大学 横浜キャンパス 3号館 3-305教室
       Tel:045-481-5661 http://www.kanagawa-u.ac.jp/
       〒221-8686 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1
  • 懇親会   11月11日(土)18:30~ 学内10号館食堂カルフール2階

  • 主催   第50回酸化反応討論会実行委員会
  • 共催   日本化学会、有機合成化学協会、日本農芸化学会、錯体化学会、触媒学会、
    日本薬学会
  • 協賛・協力   学校法人神奈川大学、株式会社島津製作所、
    マイクロトラック・ベル株式会社、山八物産株式会社、三菱ケミカル株式会社、
    公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー
  • 討論主題<酸化反応>
    自動酸化、光酸化、接触酸化、電気化学酸化、酵素酸化、活性酸素関連反応、 生体酸化反応モデル、グリーンケミストリー、有機合成反応、 生体内酸化反応など基礎から応用、合成、物性、機能、反応機構、生理学的意義など

  • 発表形式
    口頭発表(発表12分、質疑応答8分(交代1分を含む)を予定)
    ポスター発表(学生対象のポスター賞あり)

重要な期日
  • 発表申込締切 2017年  8月23日(水)   8月30日(水)へ延長します。
  • 予稿原稿締切 2017年  9月30日(土)
  • 参加登録締切 2017年10月16日(月)

お知らせ       
  • 4月20(木)  ホームページを開設しました。
  • 6月12(月)  招待講演とプレシンポジウムを追加しました。
  • 7月27(木)  発表・参加申し込みを更新しました。
             予稿締切の曜日を(土)に訂正しました。
  • 8月21(月)  発表申込み締切を延長しました。
            要旨テンプレートファイルを追加しました。     
  • 9月19(火)  プレシンポジウムの申込先へのリンクを追加しました。
  • 10月31(火)  プログラムを追加しました。
  • 11月12(日)   講演会場にApple Mini Dispray Port-VGA Adapterの
    忘れ物がありました。
    お心当たりの方は実行委員会へご連絡ください。
    参考までに同等品の画像を表示します。同等品の図

第50回酸化反応討論会ポスター賞受賞者
以下の5名の方がポスター賞を受賞いたしました。
おめでとうございます。審査員の先生方、有り難うございました。
(ポスター番号順に掲載しています)
  • P-18 西浦利紀(神奈川大院)
    「単核コバルト(II)錯体の酸素分子活性化能に対する配位子効果」
  • P-20 粉川泰知(筑波大院数物)
    「水中における高原子価ルテニウム-イミド錯体によるC-H酸化反応」
  • P-24 伊豆仁(分子研, 総研大)
    「異種金属多錯体の戦略的合成と酸化還元挙動」
  • P-26 片岡憲吾(東大院工)
    「銅触媒によるアルコールを用いたアミドの酸化的アシル化反応」
  • P-31 谷田部孝文(東大院工)
    「CeO2担持Pd-on-Auナノ粒子触媒による選択性逆転を利用したオーロン合成」